おすすめの保守業者

急ぎコピー機を仕入れたいがどこの業者が信頼できるのか、これは大変重要な問題です。OA機器はすなわち精密機械ですからいつ何時どのようなトラブルが生じるか予測がつきません。万が一トラブルが原因で業務が停止してしまったらそれこそ一大事ですから、業者選びは慎重になって当然です。すぐに修理したいですし万が一の時は代替品で乗り切れると安心です。

さまざまなリスクを考えると、やはり会社から遠くない位置にコピー会社か保守業者がいてくれると安心です。やはり名前の通った全国組織であることに加えてアフターフォローが万全であることや、良質の中古コピー機も豊富に扱っている事そして確かな技術を供えた職人を揃えている事など贅沢と思える条件を備えた業者が安心できます。OA機器の中でも使う頻度が多く温室効果も甚だしいのがコピー機ですから製品を選ぶのも神経を使います。たまにコピー機のショールームなどが開かれる事もありますから、そういうときこそ実際に製品に触れて使い心地を直に体感できるチャンスです。積極的に出かけてみるのもおすすめです。

時々割引キャンペーンを展開している事もあり、そのときは通常価格より抑えた価格で提供される事もありますから、注目株です。ただし安さだけに目を向けるのは危険です。

環境に配慮する

先頃環境省では“環境に配慮した OA 機器の調達に関するガイドライン”を受注者および発注者両者の立場からまとめています。オフィスでは多種多様な電気機器が作動していますが、とりわけコピー機などから発せられる温室効果に着目した内容になっているというのも、二酸化炭素排出量を極力抑えて省エネに努めていく事が重要課題として上がっている現状を明記しています。

さらにコピー機などのOA機器が本当に必要最小限の機器としての認識に立った導入がなされているのかと言った鋭い指摘もされています。これは国や独立行政法人も含む厳しい意見です。導入方法の多くがレンタルもしくはリースによる物が多く、必ずしも現実に沿っていないのではないかと言う意見です。確かに近年は急速なIT化による流れに任せる風潮があります。特にビルから発せられる温風によって気温の過剰上昇に悩む都心でしたら、省エネは地方以上に深刻でしょう。

業務用ですと家庭用と違って大型機器になりますから温室効果がアップするであろう事は容易に想像できます。こうしたガイドラインがまとめられた前後から、環境を考えたOA機器も多数販売されていますから、今導入を検討している事業所はこうした事も機器選びの目安にしてみてはいかがでしょうか。

OA機器コピー機とは

今回はOA機器のコピー機についてのお話です。事業を始めたら準備しなければならないものがいくつもありますが、その1つはOA機器です。今時OA機器を使わずして業務が進むはずもありませんから最低コピー機・PC・fax・プロジェクターあたりは揃えておきたいところです。コピー機1つとっても出費は痛いですからレンタルかリースあたりで我慢しておこうかという気になるのですが、長い目で見ていくと購入の方が断然ランニングコストが安いという調査結果が出ている通り、中古でいいから自分たちのものが欲しいと思うのは自然です。

そのとき頼りになるのは保守サービスも請け負っているOA機器専門店です。事業者がのどから手が出るほど欲しいOA機器を豊富に揃えていてランニングコストを含む事業相談に乗ってくれもします。中古でも定期的なメンテナンスをしっかりしていけば比較的長い期間重宝します。注意すべきはサービスと利用料とのバランスですから、しっかり説明を受けた上での契約になることは言うまでもありません。ここ数年で環境保全への認識が世界レベルで変ってきている事にも注目しなければなりません。

日本でも“環境を考えたOA機器調達に関するガイドライン”がまとめられており、使用時の消費電力の削減を推奨しています。節電は企業全体で臨んでいくべき問題ですから、企業倫理という立場から考えていく事が重要です。たかがOAされどOAでコピー機一台おくだけでも、考えておくべき事が多々あるものです。